• お米
  • 大豆
  • 大豆
  • お味噌

使う材料は同じでも、十人十色の仕上がりになるお味噌造り。

お味噌造るの楽しさを伝えたくて。

oishiiomiso.com

suwa saori

news&blog

ご挨拶

ホームページに来てくださり、ありがとうございます!

私は、2002年から、毎年お味噌を手造りしています。

始めたきっかけは、温泉の露天風呂で出会った方との他愛も無い会話からでした。彼女は長年、無農薬栽培の材料でお味噌造りをされてると聞き、興味深い話は止まりませんでした。

それまで、スーパーなどで売られているお味噌しか食べていなかった私にとって、初めて食べた手造りお味噌の味は、あまりにも美味しくて衝撃的でした。

以降「手造り味噌って美味しいんだよ!」と、友達や出逢った人達に話していると、いつからか「私にも教えてくれる?」とリクエストが増え、個人的に教えるだけではなく、クラスを受け持つようになり、更には雑誌の企画イベントから講師のオファーをいただいたりと、ふと気づけば、私は白い割烹着を着たお味噌造りの先生になってました。

使う材料は同じでも、十人十色の仕上がりになるお味噌造り。

美味しいだけでは無く、健康な身体へと導いてくれる、心強い日本の醗酵食品です。

みなさんも、一緒にお味噌を造りませんか?

美味しいだけではなく、とても楽しいですよ!

Profile

渡部 さおり写真

渡部 さおり suwa saori

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

秋田市生まれ。茅ヶ崎市在住。

プチセブン専属モデルとして雑誌やCMなどで活躍。

イギリス、ケンブリッジへ語学留学し約半年ほどホームステイを経験。

その後、モデルを引退し歯科技工士として勤務する中、体調を崩し歯科技工士を離職。

自身の健康管理を見直す為、NPO法人日本綜合医学会にて食養を学びはじめる。

食養アドバイザーを取得後、モデル仲間やその知人など、家庭訪問形式でお味噌造りをレクチャーしはじめる。

2012年
結婚、長男を出産。お味噌造りが近所のママ友達へと広がる。
2014年
原宿にあるウラノスティアお料理レッスン「都会でも出来る手造りお味噌入門」の講師に就任。
2015年
雑誌アンアンのイベント「anan総研 美腸ラボ」でお味噌レッスン講師を務める。

以降、茅ヶ崎市や都内近郊のカフェでも、
お味噌造りワークショップを開催するなど、活動の幅を広げている。