2015/11/12

「あこがれ」☆




「読書の秋」
 


誰が、いつ頃から、どうして言い出したのだろう…?


 
久しぶりに集中して本を読みました。



{0A475883-C096-436C-BE01-801807C06B8C:01}


 
「あこがれ」川上未映子(著)
 


小学生の視点で書かれた内容なのですが、
 


第一章「ミス・アイスサンドイッチ」は男の子の視点で
 


第二章「苺ジャムから苺をひけば」は女の子の視点で
 


同じ時期に起こった出来事を
 


それぞれ二人の視点に分かれて書かれています。
 


ご近所で同じクラスでもある二人のストーリー。
 


特にクラスで目立っている訳ではない二人。
 


「子供らしく淡々とした小学校生活を送っているなぁ~」



「こんな子、いたいた~」
 


いつの間にか懐かしい気持ちになりながら
 


そして、いつの間にか



私の涙腺ナイアガラ…。
 


大量の涙や鼻水と一緒に
 


何か、要らないモノまで取り去ってくれたような…
 


どこか浄化してくれた気持ちにもなった本でした。
 


主人公の女の子
 


あだ名が「ヘガティー」というのですが、
 


命名したのが主人公の男の子。
 


彼女がうかつにも、



みんなの前でオナラをしちゃうんです。
 


その時に彼が



「紅茶の臭いがする…」



と思った瞬間に
 


「ヘガティー」



と口走ってしまったがために
 


クラス全体の笑いを誘い
 


ゆえに定着してしまったこの流れが
 


なんとなく当時の私と重なってしまい、
 


しばし懐かしいあの頃を思い出していました。
 


いやいや、私がオナラをしたとかじゃなくて、
 


あだ名の方でごめんなさいネ。
 


小学一年生の頃、
 


悪さをした男子を追いかけてとっちめてた私。
 


一人の男子が
 


「わーい!ゴリラキングがやってきたー!」
 


と言い出すと、
 


男子全員が私のことを
 


ゴリラキングと呼び始めました。
 


どんな呼び方をされようと
 


色々と嫌がらせを受けた仕返しには、
 


スカートめくりならぬ
 


ズボン下ろしの刑を実行だもんね。
 


スカートめくられてもOK対策として
 


女子達はほぼ毎日、おパンツの上には
 


紺色のブルマーを履いてガードをしてるのですが、
 


私が男子のズボンを下ろすと
 


運の悪い子は
 


おパンツもズボンと共に下がっちゃうサプライズがあり
 


「いや~ん」ではなく
 


「ぅわぁぁあーっ!!」との
 


本気の悲鳴になってしまった事が多々ありました。苦笑
 


「さきにイヤなことをしたアンタがわるいんだからね!」
 


と、謝るどころか私は悪くない宣言をして
 


その場を立ち去るパターンも長くは続きませんでした。
 


授業参観での学級会。
 


時間割の「ゆとり」では何をして遊ぶかを議題に
 


順調に話し合いも進み
 


予定よりも早く終わった時でした。
 


学級委員が
 


「ほかにはなしたいことがあるひとはいますかー!?」 
 


と提案をすると、
 


一人の男子が手を上げて
 


「わたなべさんにおねがいがありまーす!
 


しかえしだからといって
 


ボクのズボンをおろすのはやめてくださーい!」
 


すると…
 


「ボクもでーす!」
 


「ボクもでーす!」
 


「ボクもでーす!」
 


(以下人数詳細記憶無)
 


ここで親達からは爆笑の嵐。
 


私の母かよこさんだけは
 


すんごい顔になってました。。。大汗
 


以降、ズボン下ろしの刑は封印。
 


なぜか、男子も悪さをしてくる事も無くなった出来事でした。
 


私のあだ名はというと、
 


ゴリラキングは続行していく中で
 


学年が上がると進化していきました。
 


{42E63846-7079-4E7B-9705-CC3E8A1860CB:01}



ゴリラキング



{488FB53F-D1ED-43D1-91BB-CFA2DF83F4D9:01}



ゴリキン



{4C65E617-C641-4BE0-B234-FC0045E37D1B:01}



ゴリキ



{C0375525-ABC5-45EB-A665-245FEF08A873:01}



ゴリ



(小さな島「ゴリ」を授業中に世界地図にて発見&冷やかされる)



出世魚の名前ほど変化は無く



木村拓哉→キムタク



位の変化でしたが
 


自分の中でもすっかり定着してたので



そう呼ばれるのが当たり前な気持ちでいました。
 


中学生になると



{D7F19354-0D7F-407B-9EE2-EC79E0A52787:01}



誰も「ゴリ」と呼んでくれなくなりました。
 


何の前触れも無く



「わたなべー!」



と呼ばれた事に違和感があり、



更には



「わたなべさん…」



とか。。。



かなりザラっとした耳触りの呼び方まで…!


 
なにより、



淋しい気持ちの方が大きかった事を思い出しました。



「あだ名からさん付け呼びへの距離を測れない…」



大好きな岡村靖幸の歌



「ペンション」の歌詞。



久しぶりに聞こうかな。。☆




Comment

  1. 初コメントします!

    楽しく、また、わたしも懐かしい気持ちで
    読みましたー!
    さおりんさん、昔から綺麗ですねー♡
    あだ名がびっくりでした!笑
    中学の時には、さおりんさんの美貌に気付いた
    同級生たちがもうゴリなんて呼べない
    雰囲気になったのですかね?(^ν^)

    ブログ楽しみに待ってまーす!

    • ☆memelyさん☆
      コメント、ありがとうございます☆
      あだ名って、親近感マジックがあるので、
      また「ゴリ」って呼ばれたらしっぽパタパタ状態ですよ♪笑
      ブログにもまた遊びに来てくださいね☆

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。