2018/07/16

5歳の息子が仕込んだお味噌☆




 

今年の4月に息子が仕込んだmixお味噌☆ 



 

撮影用に使用した材料 






 



玄米糀、白米糀、麦麹、豆麹が入ってます☆ 



 

なんか出てると思って見てみると 





 

溜まりが溢れてた形跡が!汗 



 

時間が経ったのでしょうね 



 

結晶化してました。。☆ 

 



舐めたらとても美味しい調味料になってました☆  

 







息子がお味噌仕込中の写真に違和感を感じてる方 

 



黒く塗り潰した箇所には畳んで無い衣類や 

 



息子が出しっ放しのおもちゃが散乱してる所をご想像くださればと思います。。。苦笑



 



2018/07/15

生徒さんにインタビュー☆

 
 


今年の3月にお味噌レッスンへ参加してくださった小松さん親子と再会☆ 



わざわざ、醗酵中のお味噌ボトルも持参してくださり嬉しさ倍増!喜
 


今回の目的は、今年90歳になるお母様の小松やちよさんから 
 


昔、気仙沼市で手造りお味噌を作っていた話しや 
 


息子さんの陽一さんが、幼少期に食べていた食事の内容などを聞きたくて 
 


武蔵野大学にあるロハスカフェで、インタビューをさせてもらいました☆ 



 



やちよさん!昔の記憶を辿りながら 
 


私へ分かりやすく説明が出来るようにと… 



予め、ご自宅で絵を加えながらメモを書いて来てくださり 



お話しの内容も、想像した以上に面白くて…私、帰りたくありません状態! 笑



やちよさんの手造りお味噌の行程は 



漁業をされてる事もあり 



茹でた大豆は、海苔を細かくする機材で潰して 



お豆腐4丁分ほどの大きさに四角く整えた物を沢山準備して 



(大きさを伝える為に、等身大のペットボトルをカットした物も持参してくれて感激!!涙)
 


2つ1組に藁の紐に縛り 



(藁にも、稲の藁と麦の藁の2タイプがあるの知らなかった。。。)
  


軒下にずらりと吊るす事1〜2ヶ月程すると仕込み時になり 



木の樽に砕いて入れながら、塩と糀を目分量で混ぜ合わせたそう! 



レシピとかでの数字ではなく、感覚で造るお味噌との事。



お姑さんのお味噌はしょっぱいと思ってたそうで 



やちよさんの代から塩分を減らしたそうです☆



 



保存食は特に作ってなかったそうで 



常に新鮮な魚介類やお野菜などを醤油ではなく 



お味噌や酢味噌で食べてた話しも興奮してしまいました☆ 



柚子を丸ごとお味噌に漬けた物を刻んで調味料にしてたりと 



小松さん親子は、お味噌無しでは語れない食生活だった事実にハート鷲掴み状態でした☆



(個人的には、幼少期陽一さんのポケットには煮干しが入ってた話しもお気に入り♡)






私にワカメをプレゼントしてくれたやちよさん☆



ある時期は、広島の牡蠣の漁港に呼ばれ



輸出する為の大量の牡蠣をキレイに捌けるようになるまで 



ナイフ1本で捌くやちよテクニックを



多くの人達にレクチャーした話しもカッコ良かったな。。☆ 






陽一さんまで、この日の七夕にふさわしい



短冊付きのお菓子をプレゼントしてくれました!



色々なお気遣いなど、こちらへの配慮が優しくて…涙 



本当にありがとうございました☆ 



またすぐに連絡したくなる(本当にしますから♡)小松さん親子でした! 








2018/07/07

大豆の種蒔き会☆




お味噌レッスンに参加してくれた生徒さん達&お友達親子で大豆の種蒔き大会☆
 





お天気にも恵まれて


こんなに自然豊かな素晴らしい環境の中 


子供も大人もリフレッシュしながらいっぱい遊びました☆ 






ツリーハウスも作れちゃうしゅうちゃん☆ 



BBQの為に火起こしから子供達にレクチャーしてます!



そんな彼は昨年、初めて作ったお味噌にカビが生えたと心配してこんな写メを送ってきました…震 




 

何このブロッコリーみたいなカビの塊!!!!悲鳴



天地返しをしないというか 



お味噌の存在を忘れてた事に原因があります。。。



カビが生える時、塩蓋してる布に生えるのがスタートなので 



その段階で見つけたカビをアルコールを含ませたコットンなどで 



カビと生えた箇所を拭き取れば止められるハズなのですが… 



このレベルは放置しすぎた結果です。。。汗



取り急ぎ彼には、カビを取り除けば食べられると返答した私。



その数週間後…



お味噌レッスンにリピート参加してくれた彼は 



あのカビ味噌を持参して来て 



「師匠!(何故か彼は私をこう呼ぶ…笑) 
 


味見してください!」 
 


正直なところ…えっ!?と、やんわり引き気味な私でしたが 
 


なんと、すっごく美味しく出来上がっていて飛んだサプライズ! 



この経験が「カビが生えたからと慌てる必要はありません!」と 



私のレッスンでも自信を持って説明する事が出来てます!笑






炎天下の中でしたが頑張ったBBQ☆ 
 


みんなお腹も心も満たされてました☆






しゅうちゃんが作ったツリーハウスに登り 



かなり興奮しながら大好きな友達とご機嫌な息子☆






ツリーハウスからの眺めは涼しげな感じだね☆






いよいよ種蒔き!



有機栽培農家のひなた農園から取り寄せた大豆を






3粒づつ土に植えていきます。






何処の穴に埋めようかな〜。






みんな、埋めては土を被せてを繰り返しました!






こちらは泥団子爆弾!



一緒に育てると相性が良いとの理由で 



大豆の種と、人参の種を一つの泥団子に仕込みます。 



 



この泥団子を好きな場所に投げると発芽するという仕組み!






子供達にも大ウケの企画楽しかったね☆



この日から5日経った日 



ツリーハウスのしゅうちゃんから届いた写メにビックリ!!






もう芽が出てるではないかっ!!驚 



大豆の生命力に感動した私達でした☆ 



上手く実った暁には 



この大豆を使ってのお味噌造りを計画してます☆ 



実りの秋を乞うご期待だね☆ 



みんな、楽しい一日をありがとう☆













2018/07/02

uranosthiaにてお味噌レッスンday☆

 
 
 
 
同じ事務所に所属するモデルのゆかりちゃんが 
 
 
 
お友達を連れて参加してくれたお味噌レッスン☆
 
 
 
お友達のお祖母様が住んでたお家は、昔ながらの古民家☆
 
 
 
毎年、大きなカメで手造りお味噌を仕込んでいたので
 
 
 
彼女は手造りお味噌の味が忘れられずにいました。
 
 
 
市販のお味噌を買い続けては彷徨い、納得いく味のお味噌に巡り会えず…
 
 
 
ずーっとお味噌迷い子だとの話しからスタートしたレッスンでした。。☆
 
 

 

 
 
 
お祖母様は、お味噌以外にも醗酵食品をいくつか手造りしていて 
 
 
 
醗酵食品達を1箇所にまとめて貯蔵出来る「醗酵部屋」があったとの事。
 
 
 

今は、素晴らしい焼物を作る陶芸家さんへと引き継がれ 

 
 
 
醗酵部屋は、釜に入れる前の器達が保管出来る部屋となってると聞き 
 
 
 
昔ながらの日本建築に興味も湧いた時間となりました☆ 
 
 

 
 
 
2人の子育てに奮闘中でもあるゆかりちゃん☆ 
 
 
 
事務所に入りたての去年、
 
 
 
一緒にオーディションを受けた後にカフェでお喋りした時
 
 
 
2番目のベビちゃんがお腹に居たのに気が付かず…驚 
 
 
 
スレンダーバディの妊婦さんだった事が印象的だったな☆
 
 

 
 
 
ゆかりちゃんも拘り屋さんで 
 
 
 
前から手造りお味噌を楽しみにしてくれてて、本当に嬉しい限り!
 
 
 
最近は、手造りピザを生地から作り…
 
 
 
納得いくまで作り続けて食べ飽きたそうで。。。笑 
 
 
 
何事にも真剣に取り組むゆかりちゃん☆ 
 
 
 
ポワンとした所も急に飛び出すので
 
 
 
見た目とのギャップもチャーミングな人だと再確認した 
 
 
 
とっても楽しいレッスンとなりました☆笑
 
 
 
この日も私、お味噌を4種類の糀で造りました☆
 
 
 
みんなで笑いながら造ったお味噌達☆ 
 
 
 
きっと格別に美味しいお味噌に醸していくだろうな。。☆
 
 
 
私もいつか、醗酵部屋が持てるようになりたいです☆