2015/11/29

uranosthiaイベントday☆

{3F339195-E421-477A-B9E2-E34879D6699F:01}

 

 
 
今日は、uranosthiaイベントdayでした☆


 
uranosthiaでは、私のお味噌レッスン以外にも
 
 
 
オシャレで、世界に一つだけの
 
 
 
オリジナルの手作りレッスンが満載☆
 
 
 
 
{8E06EDE9-00B0-4EF2-B068-E28FE2F1C078:01}


 
今日は、それぞれプチ体験レッスンや
 
 
 
{769FE2A6-7831-4BDF-AF36-5D845671DEB3:01}


 
こだわりのお米販売もuranosthiaでスタートするにあたり
 
 
 
出来たてホヤホヤの新米おにぎりの御試食に
 
 
 
{412B1D5E-A84A-4F3E-AB77-8969A4389F87:01}


 
 
私が造ったオールオーガニックのお味噌をトッピング☆
 
 
 
自分で言うのもアレですが
 
 
 
あまりの美味しいコラボも感動なイベントになりました♡
 
 
 
image


 
私のお味噌でお味噌汁も振る舞ったのですが
 
 
 
おかわり連呼のお子様を抱きしめたくなりました…♡
 
 
 
今後も、uranosthiaでは
 
 
 
魅力的なレッスン&イベントが目白押しです☆
 
 
 
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします☆
 
 
 
本日、ご来場くださった皆さんとの出逢いも嬉しかったです♡
 
 
 
{BDAFD4B6-48C9-41EC-A49A-61752D3B1C74:01}


 
 
ありがとうございました☆

2015/11/26

つくばでの手前味噌作り教室☆

{BFACEF20-7AEE-425B-87B7-AE55FFA7D759:01}

 

 
 
先週の土曜日は、茨城県のつくばまでお出かけしてました☆
 
 
 
{533A70DB-EAB7-40FB-AA97-807B85B221FA:01}


 
ビオワインや貴重なお酒の品揃えも素晴らしい
 
 
 
「葡萄酒蔵ゆはら」さんにて
 
 
 
 
 
 
手前味噌作り教室のイベントに参加してきました☆
 
 
 
普段は開催する側なのですが、
 
 
 
今回は、友達と一緒に受ける側としての参加!
 
 
 
先生は、愛媛県よりお越しいただいた
 
 
 
梶田泰嗣さん☆
 
 
 
{8DD1AF01-6E91-4884-B05F-C2F8582B767F:01}
 
 
ベビー君を抱っこしながら
 
 
 
「息子と一緒に居られて嬉しいです!」
 
 
 
との育メンパパコメントも頼もしい梶田さん☆
 
 
 
愛媛で、地元の材料に誇りを持ち
 
 
 
お醤油、お酢、お味噌などを作ってます☆
 
 
 
代々商売を受け継いでいるプロフェッショナルな方です☆
 
 
 
 
 
 
私の自己紹介をした際、
 
 
 
梶田さんからお聞きした内容を
 
 
 
私のレッスンやブログなどで
 
 
 
伝えても良いか確認を取ったところ…
 
 
 
「全てどうぞ!
 
 
 
マジメに良い食は拡がっていかないといけません。
 
 
 
このままでは天然記念物になってしまいます
 
 
 
より佳い食をどうぞ伝えていきましょう。」
 
 
 
との、大変気前のいい心温まる返答!
 
 
 
何を話しても気持ちの良い方でした☆
 
 
 
私は、色んな方の手造りお味噌への思いや
 
 
 
その方の経験談などを聞きたくて
 
 
 
進んでお味噌イベントに参加しているのですが
 
 
 
今回、梶田さんからは
 
 
 
お味噌や発酵の事だけではなく
 
 
 
食べ物と向き合う
 
 
 
本来の心の在り方も教わる事も出来た
 
 
 
とても有意義で奥深いイベントになりました☆
 
 
 
みなさんは
 
 
 
「いただきます」
 
 
 
「ごちそうさま」
 
 
 
の、本当の意味を知ってますか?
 
 
 
梶田さんは
 
 
 
とても大切なことを教えてくださいました。
 
 
 
お陰様で、40歳の私は今更ながらも
 
 
 
これから食べるモノの命を
 
 
 
自分の身体に変えさせて
 
 
 
「いただきます」
 
 
 
という気持ちに。
 
 
 
準備をしてくれた人に対して
 
 
 
「ごちそうさま」
 
 
 
と、感謝の気持ちを言えるようになりました。
 
 
 
個人的にいつも思うことは
 
 
 
お味噌だけじゃなく
 
 
 
お酒やお漬物などの
 
 
 
発酵に携わっている人達は
 
 
 
同じことを知っているのだろうけど
 
 
 
それぞれの思いや
 
 
 
切り口も豊かに伝えていると思います。
 
 
 
書物やネット上で
 
 
 
レシピや理屈を拾って集めるよりも、
 
 
 
温度を感じられる経験談は
 
 
 
直接自分の足を使って聞くべきだと
 
 
 
また改めて思えた日になりました。
 
 
 
この日に準備していただいた材料は
 
 
 
大豆:愛媛産フクユタカ
 
 
 
白米糀:愛媛産有機米ヒノヒカリ
 
 
 
塩:鳴門産海水塩
 
 
 
{F67BD0A2-EC39-4D96-87C0-B62EB5B3505C:01}
 


糀はリンゴのような爽やかな香りがしました☆
 
 
 
{CCEBB625-9BD4-41B6-B084-0D746516E60E:01}


 
来年の完成が楽しみです☆
 
 
 
{C01E5FF6-A270-4B2E-AF71-F8680A164462:01}


 
 

2015/11/22

本日はuranosthiaお味噌レッスンday☆

{FC5767E4-6439-4912-A314-5607BD416B50:01}

本日uranosthiaのお味噌レッスン☆

初の10人超えで12人プラスベビーちゃんの楽しい空間になりました☆

みなさん、食への意識も高く、

私の何気無いコメントを

とても大切に受け取ってくれた感想もあり

思わず泣きそうなシーンも。。☆

リピーターさんの感想も嬉しく

あまりにも美味しく出来たので

プレゼントで配りたいとの事♡

3本コースでの参加も増えてるのにビックリ&感激です☆

次回uranosthiaでのお味噌レッスンは

12月27日の11時から☆

14時からは、三五八漬けのレッスンも開催決定です☆

お申し込みは、

oishiiomiso@gmail.com

お名前、参加希望人数、電話番号を明記の上

ふるってご応募くださいね☆

#お味噌

#手作り

#レッスン

#原宿

#子連れ歓迎

2015/11/21

雑誌「and GIRL」にて掲載中☆

{7716E112-EC3D-4B0A-A638-3AEEB849592E:01}



前日取材していただきました



uranosthiaでのお味噌レッスン☆



只今発売中の雑誌「and GIRL」に掲載されてます☆



私の手造りお味噌レッスンが



色々な形でみなさんと出会える事が



有り難くもあり



嬉しい限りです☆



次回uranosthiaでのお味噌レッスンは



12月27日11時より☆



14時より三五八漬けレッスンも開催します☆



お問い合わせ、お申し込みはこちら



oishiiomiso.com



「お問い合わせフォーム」にて受け付け中ですので、



お気軽にお越しくださいネ☆



どうぞよろしくお願いいたします☆

2015/11/19

不思議な出来事 その1☆

{C9DB5D43-BA95-45B0-8357-6CBF89583486:01}
 
 
 
こんなタイトルを読ませておいてなんですが、
 
 
 
人によっては、
 
 
 
不思議でもなんでも無い話かもしれません。
 
 
 
まぁ、私のブログ自体が
 
 
 
独り言のようなモノだとも思うので、
 
 
 
サラッと読んでネ。
 
 
 
昭和60年の事なのですが
 
 
 
つくば万博に行った方
 
 
 
いらっしゃいますか?
 
 
 
当時、私は10歳。
 
 
 
茨城県の日立市に住んでおり、
 
 
 
つくば万博の会場へは
 
 
 
私の父とおるさんの運転で出かけました。
 
 
 
どういう基準で選んだのかは聞いていないのですが、
 
 
 
とにかく、富士通のパビリオンが人気なので
 
 
 
入場早々、列に並ぶため
 
 
 
家族全員で猛ダッシュしたのは
 
 
 
後にも先にも、あの時だけです。
 
 
 
私の妹ちぃちゃんは7歳だったので
 
 
 
時折、セッカチなとおるさんは
 
 
 
小脇にちぃちゃんを抱えながら
 
 
 
ヒィヒィ走ってました。
 
 
 
いい大人が小さい子供をこんなにも振り回しておいて、
 
 
 
つまんなければ怒っちゃうぞ。。。
 
 
 
ここには、ミッキーみたいな
 
 
 
分かりやすい魅力的なアノ感じがないし。
 
 
 
コスモ星丸くんぢゃぁ、
 
 
 
ちょっと子供心が暖まらないというか、
 
 
 
お出かけは嬉しかったけど
 
 
 
テンションの上がり所がピンボオケなまま
 
 
 
夏の暑い日差しの中
 
 
 
長蛇の列に並んでおりました。
 
 
 
とおるさん:「あー、走ったら喉が渇いたなぁ~。
 
 
 
かよこ、麦茶ちょうだい。」
 
 
 
私の母かよこさんは
 
 
 
なれた手つきで水筒からカップへ麦茶を注ぎ、
 
 
 
とおるさんがカップを受け取り飲もうとした時でした。
 
 
 
私:「ちょっとまって!」
 
 
 
そう言うと
 
 
 
かよこさんが手にしていた水筒の中を覗き込みました。
 
 
 
中には麦茶と氷、そして、
 
 
 
ぐちゃぐちゃに割れたガラスの破片が入ってました。
 
 
 
当時、我が家で使っていた魔法瓶は
 
 
 
外側はステンレスボトルで
 
 
 
内側はガラスで出来ているものでした。
 
 
 
猛ダッシュした時に
 
 
 
シェイクシェイクで氷がガラスを砕いた結果でした。
 
 
 
とおるさん:「こりゃダメだ。捨てよう。」
 
 
 
そう言うと、その場で処分してました。
 
 
 
かよこさん:「さっちゃん、よく分ったね~!」
 
 
 
と聞かれても、私は何と言ってよいのか分かりません。
 
 
 
ただ、勝手に口から出てきただけだし、
 
 
 
勝手に体が水筒を覗いただけだし、
 
 
 
水筒がガラスで出来ているなんて知らなかったし、
 
 
 
だし、
 
 
 
だし、
 
 
 
たし…
 
 
 
今思い返しても謎です。
 
 
 
肝心なパビリオンは
 
 
 
片方赤色、片方青色のペラペラメガネをかけて
 
 
 
大きなスクリーンを見るアレで、
 
 
 
当時としては
 
 
 
「うわぁー!映像が飛び出てるー!!」
 
 
 
と大喜びだわ
 
 
 
なんなら乗り物酔いっぽくなる位まで満喫しました。
 
 
 
それ以外には
 
 
 
やたら蒸し暑い観覧車に乗った事と
 
 
 
期待して食べた宇宙食が
 
 
 
何ともいえない味でも
 
 
 
「これはおいしいんだもんね…」
 
 
 
と謎の頑張りで完食したり
 
 
 
他にも何かあったはずなのですが…
 
 
 
時の流れや
 
 
 
私の脳みその現状を認めざるおえません。。。
 
 
 
「コスモくん、楽しかったよ。」
 
 
 
結局はそう心の中でつぶやきながら
 
 
 
帰りの車の中から見える
 
 
 
夜空へのレーザービームパフォーマンスを
 
 
 
ぼんや~り眺めていたのと同時に
 
 
 
「どうしてあの時、ああ言ったんだろう…」
 
 
 
と、自分の取った不思議な行動を思い返してもいました。
 
 
 
それからと言うもの…
 
 
 
私:「あの時、さっちゃんがパパのこと助けたんだからね~!」
 
 
 
と、時々とおるさんに言っては
 
 
 
とおるさん:「はいはい。どうもありがとう。」
 
 
 
などと、ムリクリお礼を言わせるという
 
 
 
けっこう煙たい系の一連の流れが暫く続き
 
 
 
とおるさんの父親対応が
 
 
 
それは素晴らしかった事も覚えてます。
 
 
 
渡部家では
 
 
 
昔から不思議な事がしょっ中起こっているのですが、
 
 
 
また何か思い出したら
 
 
 
ここに書きとめておこうかな。。。
 
 
 

2015/11/14

我が家ではよくあるある…☆




だいぶ前の話なのですが、



 

家族でドライブしてる最中



 

私:「なんだっけー。アレ、あの名前!




臭いが消えるシュッシュするあれ!」



 

あの商品の名前が中々出てこないループに陥り



 

私の父とおるさん:「バフリーズ」



 

私の妹ちぃちゃん:「フェバリーズ」



 

私の母かよこさん:「ファミリーズ」



 

言いたかったのは




「ファブリーズ」




だったんですけど、



 

昨夜の私の母かよこさんは



 

「テレビであの人の映画やるよ!



 

デニー・ジョップが出る




チャーリーのチョコレート工場!」

 



お察しのとおり、



 

ジョニー・デップのつもり…(白目)




{8CDAB8B0-1BBF-49E3-966E-2FA96F81F797:01}


2015/11/12

「あこがれ」☆




「読書の秋」
 


誰が、いつ頃から、どうして言い出したのだろう…?


 
久しぶりに集中して本を読みました。



{0A475883-C096-436C-BE01-801807C06B8C:01}


 
「あこがれ」川上未映子(著)
 


小学生の視点で書かれた内容なのですが、
 


第一章「ミス・アイスサンドイッチ」は男の子の視点で
 


第二章「苺ジャムから苺をひけば」は女の子の視点で
 


同じ時期に起こった出来事を
 


それぞれ二人の視点に分かれて書かれています。
 


ご近所で同じクラスでもある二人のストーリー。
 


特にクラスで目立っている訳ではない二人。
 


「子供らしく淡々とした小学校生活を送っているなぁ~」



「こんな子、いたいた~」
 


いつの間にか懐かしい気持ちになりながら
 


そして、いつの間にか



私の涙腺ナイアガラ…。
 


大量の涙や鼻水と一緒に
 


何か、要らないモノまで取り去ってくれたような…
 


どこか浄化してくれた気持ちにもなった本でした。
 


主人公の女の子
 


あだ名が「ヘガティー」というのですが、
 


命名したのが主人公の男の子。
 


彼女がうかつにも、



みんなの前でオナラをしちゃうんです。
 


その時に彼が



「紅茶の臭いがする…」



と思った瞬間に
 


「ヘガティー」



と口走ってしまったがために
 


クラス全体の笑いを誘い
 


ゆえに定着してしまったこの流れが
 


なんとなく当時の私と重なってしまい、
 


しばし懐かしいあの頃を思い出していました。
 


いやいや、私がオナラをしたとかじゃなくて、
 


あだ名の方でごめんなさいネ。
 


小学一年生の頃、
 


悪さをした男子を追いかけてとっちめてた私。
 


一人の男子が
 


「わーい!ゴリラキングがやってきたー!」
 


と言い出すと、
 


男子全員が私のことを
 


ゴリラキングと呼び始めました。
 


どんな呼び方をされようと
 


色々と嫌がらせを受けた仕返しには、
 


スカートめくりならぬ
 


ズボン下ろしの刑を実行だもんね。
 


スカートめくられてもOK対策として
 


女子達はほぼ毎日、おパンツの上には
 


紺色のブルマーを履いてガードをしてるのですが、
 


私が男子のズボンを下ろすと
 


運の悪い子は
 


おパンツもズボンと共に下がっちゃうサプライズがあり
 


「いや~ん」ではなく
 


「ぅわぁぁあーっ!!」との
 


本気の悲鳴になってしまった事が多々ありました。苦笑
 


「さきにイヤなことをしたアンタがわるいんだからね!」
 


と、謝るどころか私は悪くない宣言をして
 


その場を立ち去るパターンも長くは続きませんでした。
 


授業参観での学級会。
 


時間割の「ゆとり」では何をして遊ぶかを議題に
 


順調に話し合いも進み
 


予定よりも早く終わった時でした。
 


学級委員が
 


「ほかにはなしたいことがあるひとはいますかー!?」 
 


と提案をすると、
 


一人の男子が手を上げて
 


「わたなべさんにおねがいがありまーす!
 


しかえしだからといって
 


ボクのズボンをおろすのはやめてくださーい!」
 


すると…
 


「ボクもでーす!」
 


「ボクもでーす!」
 


「ボクもでーす!」
 


(以下人数詳細記憶無)
 


ここで親達からは爆笑の嵐。
 


私の母かよこさんだけは
 


すんごい顔になってました。。。大汗
 


以降、ズボン下ろしの刑は封印。
 


なぜか、男子も悪さをしてくる事も無くなった出来事でした。
 


私のあだ名はというと、
 


ゴリラキングは続行していく中で
 


学年が上がると進化していきました。
 


{42E63846-7079-4E7B-9705-CC3E8A1860CB:01}



ゴリラキング



{488FB53F-D1ED-43D1-91BB-CFA2DF83F4D9:01}



ゴリキン



{4C65E617-C641-4BE0-B234-FC0045E37D1B:01}



ゴリキ



{C0375525-ABC5-45EB-A665-245FEF08A873:01}



ゴリ



(小さな島「ゴリ」を授業中に世界地図にて発見&冷やかされる)



出世魚の名前ほど変化は無く



木村拓哉→キムタク



位の変化でしたが
 


自分の中でもすっかり定着してたので



そう呼ばれるのが当たり前な気持ちでいました。
 


中学生になると



{D7F19354-0D7F-407B-9EE2-EC79E0A52787:01}



誰も「ゴリ」と呼んでくれなくなりました。
 


何の前触れも無く



「わたなべー!」



と呼ばれた事に違和感があり、



更には



「わたなべさん…」



とか。。。



かなりザラっとした耳触りの呼び方まで…!


 
なにより、



淋しい気持ちの方が大きかった事を思い出しました。



「あだ名からさん付け呼びへの距離を測れない…」



大好きな岡村靖幸の歌



「ペンション」の歌詞。



久しぶりに聞こうかな。。☆




2015/11/08

uranosthiaレッスンday☆

{4C34B6EE-8FA1-452C-A3DC-E48E19FC7CBF:01}

{48BBA18D-8366-4742-B8A8-01E80C82FC36:01}





今日は原宿uranosthiaにて



お味噌レッスン&三五八漬けレッスンdayでした☆



お味噌レッスン、二期目の挑戦!



リピーターコースで三つ造った方☆



今回の為に、初めて圧力鍋に挑戦した方☆



体調復帰したばかりでも、



楽しみにして参加してくださった方☆



親子でのかわいい共同作業の方☆



私が歯科技工士として勤務してた頃に、



同じ職場で衛生士として勤務してた方が



偶然にも私のホームページにたどり着いて



彼氏とご一緒に参加してくださるサプライズも有りでした☆



外は雨降りでしたが



今回も、内容が濃いレッスンとなり嬉しい限りです☆



次回は11月22日☆



11時より、お味噌レッスン☆¥3,800(材料費、容器代全て含み)



14時より、三五八漬けレッスン☆¥4,000(材料費、容器代全て含み)



お申し込みはこちらまで☆



oishiiomiso@gmail.com



お名前、電話番号、希望参加人数をご記入ください☆



みなさんのご参加、お待ちしております☆







2015/11/04

カスタード☆

 
 
 
ハロウィンが終わると、
 
 
 
クリスマスムードに早変わり。。☆
 
 
 
この流れがいつから日常になったのかと思う今日この頃。
 
 
 
こちら茅ヶ崎も、月曜日はとても肌寒い日でした。
 
 
 
そんな寒さを感じながら、
 
 
 
どうしても食べたくなって作ったのが
 
 
 
温かいカスタードクリーム☆
 
 
 
日本ではシュークリームやドーナツ
 
 
 
ケーキで見かける事が多いのですが、
 
 
 
私が21歳の時に、語学留学したイギリスで
 
 
 
生まれて初めて温かいカスタードをいただき
 
 
 
とても感激した事を思い出します。
 
 
 
イギリスでは、かなり日常的なデザートでした。
 
 
 
☆イギリスの懐かしいカスタードCM☆
 
 
 
 
スーパーに行くと、
 
 
 
ヨーグルト並みにカスタード商品がずらりと勢ぞろい☆
 
 
 
試しに、500gサイズの
 
 
 
パック入りカスタードを購入してみて驚きました。。☆
 
 
 
「お…、お~いし~っ!!!!」
 
 
 
ホームステイ中の私の部屋で
 
 
 
パックを開けたままスプーンをダイブさせての試食が、
 
 
 
本気モードで一気に食べてしまう位にハマりました。。☆
 
 
 
淡いカスタード色に
 
 
 
ポチポチ見られるバニラビーンズ。
 
 
 
味は、思ったよりもあっさりしていて甘さ控えめ。
 
 
 
サラッとしたソースに近い状態なので
 
 
 
飲み物未満なイメージをしていただけると近いかなぁ。。。
 
 
 
以来、同じようなカスタードを日本では見かけないので
 
 
 
自分でカスタードを作ってみたのですが
 
 
 
{CD5A2BD1-A4B2-4B5C-9FA8-6C942C13F91D:01}




 
やっぱりなんか違うんだよね…淋
 
 
 
まず、バニラビーンズがないので
 
 
 
隣の実家から借りたバニラエッセンスで代用だし
 
 
 
サラッとせずに、ぽってりカスタードだし。。。
 
 
 
ちゃんとイギリスのレシピを調べなきゃ…。
 
 
 
と思いつつも美味しくて、
 
 
 
ミルクパン位のお鍋で作ったカスタードを完食!
 
 
 
夕飯が食べられませんでした。。。
 
 
 
満腹のまま大の字になって寝転んでると、
 
 
 
あの時代のイギリスメモリーが巡ってきます…
 
 
 
オープニングに出てきたのは
 
 
 
時代が遡った「メントス」のCM
 
 
 
カヌーを漕いでるアレです。
 
 
 
覚えてる人、居るかしら…?
 
 
 
 
☆イギリスを彷彿させる懐かしいメントスCM☆
 
 
 
私がイギリスに行っていた時期は
 
 
 
大好きなスパイスガールズが人気の中
 
 
 
スキャンダルも真っ只中で
 
 
 
ホームステイ先のパパが読んでた新聞
 
 
 
The Sunをいただいたり
 
 
 
パパラッチの写真入り記事も熟読していました。
 
 
 
ベッカムとの結婚で
 
 
 
より華やかさアップのビクトリアがフューチャーされたり、
 
 
{407FD1C0-C848-4C0A-8C02-7EEBA06B0893:01}
 
 
 
ツアー中でもお構いなし!?
 
 
 
ジェリー逃亡しちゃったり…!
 
 
 
(日本のアイドルでコレ級のハプニングあったっけ?)
 
 
 
空席のままでのコンサートが話題されたのも束の間
 
 
 
彼女の過去をすっぱ抜いた
 
 
 
ヌード写真もThe Sunに載り衝撃でしたが
 
 
 
{17E1FFD6-FD58-4B6E-BD1F-82CD16172C15:01}


 
 
 
ジェリーは引きこもり風を素敵に演出!
 
 
 
バッチリメークでワンちゃんとガーデンにて
 
 
 
読書風景をパパラッチ向けにサービスショット♡
 
 
 
ポッチャリ気味のタイミングで消えたジェリーは
 
 
 
みごと短期間でダイエットに成功し
 
 
 
雑誌の表紙を飾り「私は変わった」とのタイトル。
 
 
 
それと同時にニュースのコメンテーター(?)の仕事や
 
 
 
ソロでのCDデヴューやら
 
 
 
短期間でのサクセスストーリーを眺めていると、
 
 
 
{79327F8F-B1CC-4053-9136-28252C4382D5:01}


 
 
「嫌がらせの天才で金儲けのパパラッチ」
 
 
 
というイメージが
 
 
 
「実はパパラッチ宣伝効果をビジネスとして使ってる人も居るのね」
 
 
 
と学んだ出来事でもありました。
 
 
 
「二度とスパイスガールズとは歌わない」
 
 
 
と発表されたりしたのですが
 
 
 
その後、ロンドンオリンピックでも
 
 
 
結局は再結成してパフォーマンス☆
 
 
 
☆スパイスガールズ再結成してロンドンオリンピックパフォーマンス☆
 
 
 
スパイスガールズも40歳過ぎてのこの仕上がり☆
 
 
 
久しぶりに、昔のミュージックビデオを見たくもなりました。
 
 
 
そんな私を悩ませているのが、
 
 
 
当時、ロンドンのハロッズにて購入した
 
 
 
全種類のスパイスガールズ人形10体。。。
 
 
 
息子の成長と共に増える荷物を考えると、
 
 
 
収納場所を確保しなければならないのよね。。。
 
 
 
もう要らないといえば要らないけれど、
 
 
 
万が一、第二子に女の子を授かった時には
 
 
 
ディズニープリンセスやバービー
 
 
 
リカちゃんとかでもいいけど、
 
 
 
スパイスガールズで遊んでる娘を想像すると
 
 
 
「そんな娘がウロウロしてる姿も面白そうだなぁ…」
 
 
 
と、思う私も居るのです。。。
 
 
 
家庭のクローゼットお片付け問題、
 
 
 
きっとよそのお宅では
 
 
 
速やかに処分出来るレベルなんだよなぁ…
 
 
 
(ため息)
 
 
 
{0DB29394-3ACC-47DF-9797-7B9B0953EC56:01}
 
 
 
寝る前に、スパイスガールズへの思いが
 
 
 
奇跡的に実った時の思い出写真を引っ張り出しました☆
 
 
 
かなり昔のTBCパーティー会場にて記念写真☆

 
 
この時は、私もベッカムも偶然右手にギプスを装着しており
 
 
 
お互いに「テイクケア…」
 
 
 
と苦笑いしながら挨拶した事も良い思い出です。。。